2007年07月01日

ピポポちゃん<日記>

.。oO(はふ〜ん、旦那サンのぬくもりって気持ちイイ・・・) 毎朝、ぷーちをケージから出したとき、私はカバの姿を思い起こす
たった26gの小さな愛らしい文鳥から、何で巨大なほ乳類のカバを連想するのかというと、それはぷーちの鳴き声のせいだ。
ぷーちはケージの扉を開けると、パッと飛び出すように出てきて、
「ぴぽぽ♪ぴぽぽっ♪」
と、嬉しそうに鳴く。
そんなぷーちに私は、「ハイハイ、今日もピポポちゃんだねぇ」と返すのだけれど、その時に”ピポポちゃん”→”ヒポポちゃん”→”ヒポポタマス”→”カバ”と、連想してしまうのだ。
そしてぷーちは、ぴぽぽと鳴いている合間に、挨拶なのか甘えなのか、私の指をカプッと甘噛みする。
・・・ヒポポタマスに噛まれたら手が砕けるだろうけど、ウチのピポポちゃんならもっと噛まれてもいいな(*´Д`*)

.。oO(久しぶりにお菓子箱別荘に入ってみたよ♪)今朝は曇りで涼しい風が吹き、ちょっと肌寒いぐらいだった。
そのせいか、このところ放鳥中はちょこまかと活発に動き回っていたぷーちが、今朝は本を読んでいた旦那の足の上に乗ってじっとしていた。
しばらくしてそっとぷーちを観察すると、旦那のやや高めの人肌のぬくもりが気持ちいいのか、ぷーちは上がってくるまぶたに必死に抵抗して、目をしぱしぱさせていた
・・・ぷーちったら、さっきケージから出てきたときは「ぴぽぽっ♪」ってご機嫌だったのに、もうネムネムが入ってる(* ̄m ̄)

.。oO(いつの間にかイイ巣が出来てるっ!) ←物干しスタンドにカーテンを引っかけていたら、勝手に入居wそんなぷーちと旦那を放っておいて、私は家事に戻っていたら、しばらくして旦那から、
「ちょっと〜、ぴょぴょを何とかしてくれぇ〜」
と、助けを求められた
行ってみると、ぷーちは寝っ転がった旦那の足首に、どっかと腰を下ろしてすっかり居着いていた
・・・ぷっ、文鳥忍法・金縛りの術を食らったのね(* ̄m ̄)
姿形は小鳥のピポポちゃんだけど、その存在感と動かしがたさはヒポポタマス級かもw

体重【26g(朝)】 水浴び【○】
ラベル:文鳥
posted by たぬき at 21:05| Comment(6) | TrackBack(0) | ぷーち1歳〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月02日

文風呂の夢<日記>

.。oO(幸せな夢ってどんな夢?) 以前、とても幸せな夢を見た。
その夢は印象的で、今でもその内容は忘れていない。
だけど旦那に話すときっと、ドラクエのあの、スライムのクセに妙に乾いて固まったような笑いと白い目が返ってくるだけなので、今まで口にしたことはなかった。
でも先日、頂いたコメントへのお返事を書いていたときに、ふとその夢のことを思い出した。
今日のぷーちは特に変わったことはしなかったので、その幸せな夢の話を覚え書きとして書いておこうと思う。

.。oO(使わないコンセントは抜いておかないと、ワタシが止まっちゃうよっ)その夢を見たのは、数ヶ月前ののこと。
数年ぶりに毛布を買い換えて、フカフカぬくぬくと眠っていたら、その夢を見たのだった。
私は海岸に建つ掘っ立て小屋の中で、砂に突き立てたスコップに寄りかかるようにして立っていた。
私はそうしてひたすらお客を待っていた・・・隣に立つ、私と同じ背丈の巨大文鳥と。
私と巨大文サンは、二人(?)で砂風呂ならぬ文風呂を営んでいたのだ。
私が掘った砂の溝にお客が寝転がり、その上に巨大文サンがまたがって乗り、お客を卵のように温めるという、謂わば健康レジャー施設だ。
・・・でも、絶対”当たる”と思っていたのに、全然お客が来なかったんだよなorz

.。oO(文風呂って、ワタシがこのままどーんってママの上に落ちればいいの?)そうして文サンと二人でぼーっとお客を待っていたら、一人もお客が来ないまま、夕方になってしまった。
文句も言わずに私と一緒にじっと立ってお客を待っていた文サンの胸の白かった桜模様が、窓から差し込む夕日でピンク色に染まっていた
その綺麗なピンクの桜模様を見たら、急に悲しみがこみ上げてきた。
・・・文サン、何でお客来ないんだろうね?こんなに気持ちいいのにね?(ノдT)
そう言って、巨大文サンの胸にポフッと抱きついたら――はふ〜〜、この柔らかさ、このぬくもり、このニオイ・・・やっぱりすんごくシ・ア・ワ・セ♪(*´Д`*)=3
巨大文サンの羽毛に体を半分埋めながらスリスリしていたら、お客が来なかった悲しさが吹き飛んで、何だかとっても幸せな気分になった。
・・・嗚呼、みんな何でこの気持ち良さが分からないんだろうなぁ・・・こんなに気持ちいいのに・・・気持ちいい・・・気持ち・・・・・・ン?(; ̄ω ̄)ゝ

気がつくと、私は買い換えたばかりの毛布を掴んで、そこに顔を押しつけるようにして寝ていたのだった。
あんな夢を見たのはきっと、買ったばかりの毛布のせいと、2年前に旦那と九州旅行をしたときに、私が砂風呂に入ってみたいと指宿に行こうと提案したのが却下されたせいだろう。
それに・・・やっぱり文鳥萌えだから、かな?(〃▽〃)ゞ
夢の中の私は、文サンと仲良く文風呂で暮らしを立てていこうとしていたのが失敗して失意のどん底だったのに、目覚めた後は妙に顔がにやけてしまった
夢の中の文サンは、トトロみたいにぬぼ〜ってしてただけだけど、あの桜胸の模様はたぶんぷーちだったんだと思う。
・・・巨大ぷーちと文風呂経営かぁ・・・我ながらイイ夢見たな(* ̄艸 ̄)

体重【25g(朝)】 水浴び【○】
ラベル:文鳥
posted by たぬき at 23:04| Comment(7) | TrackBack(0) | ぷーち1歳〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月03日

勝負の合図<日記>

.。oO(旦那サンの抜け殻の巣、ワタシのよっ) ←旦那のズボンを置いていたら、またしてもぷーちが勝手に入居w旦那が私をバカにすることの一つに、”ぷーちに常に背を向けられる”というのがある。
ぷーちは旦那の手にとまるとき、必ず旦那の顔の方を向いてとまる
そしてぴょっぴょっと旦那に話しかけたり、旦那の頬をツンツンしたり、とにかく猛烈にスキスキアピールをする。
しかし私に対しては、ぷーちは私の手にとまるとすぐにクルッと180度回転して、私の顔から背を向ける
例えもう一方の手でとまり直させても、やっぱり180度ターンで速攻背を向けられてしまうorz
そのことに随分前から気付いていた旦那は、ことある事にそれを指摘して私をいじめるのだ。
・・・背を向けられたっていーんだもん、首の後ろのフワ毛を鼻モフ出来るからいーんだもんっ(つД`)

.。oO(たぬきママのとこにも別荘作ろうっと♪) ←珍しく私の服にもとまってくれた♪でも旦那は知らないのだ、旦那がいない時に限って、ぷーちは私の方を向いてとまることが度々あるということを。
ぷーちが私の方を向いてとまるとき――それは勝負の合図
真正面から挑むように睨むように私の方を向いてじっとしているぷーちは、明らかな意志を体中から発している。
撫でれ」←撫でてたもれの略らしいw
そうぷーちに挑まれたら、私はもちろん受けて立つ。
・・・勝負は二本勝負、負けないぞっ!ヽ(`Д´)ノ

第一ラウンドは、ぷーちの額v.s.私の人差し指
この勝負は、ぷーちのティアラ模様がある額を、私が人差し指で軽くトントンと叩いて、ぷーちが目を閉じたら私の勝ち
ぷーちの額にはネムネムスイッチが埋まっているらしく、そこを押すとぷーちは眠くなってまぶたが上がってしまうのだ。
私が強くもなく弱くもなくリズミカルに、ぷーちが軽く押されて微かに頷く程度に額をトントンと叩くと、ぷーちは左目を細め、次に右目も細めて――そして両目をつぶった!
・・・カンカンカンカンカン!第一ラウンドは私の勝ちー!(≧∇≦)v

.。oO(でもやっぱりココが一番♪) ←結局旦那のYシャツの肩に落ち着くぷーちさんorzそして第二ラウンドは、ぷーちの両頬v.s.私の親指&中指
この勝負は、ぷーちの両頬を私が親指と中指で挟むようにしてナデカキして、ぷーちが腰を下ろしたら私の勝ち
ぷーちは頬をナデカキされると、あまりの気持ちの良さに徐々に体中の力が抜けてしまうらしく、気持ち良さが最高潮に達すると座り込んでしまうのだ。
私がぷーちの両頬の白毛をかき分けるようにして撫で始めると、ぷーちは早くもうっとりと目を閉じた。
そして耳の穴の周辺の白毛を逆撫でするようにカキカキし始めると、徐々に足の力が抜け、腰が落ちていった。
しかし、もう少しで腰が落ちきってしまうところで、ぷーちが急にぶるんと頭を振って――片足で後頭部をカキカキし始めた。
どうやら急に後頭部がかゆくなったらしいorz
・・・ちっ、あと少しだったのに、第二ラウンドは私の負けか(ノд`)

という風に、今日のぷーちとの真剣勝負は一勝一敗だった。
ぷーちはこういう勝負を挑むときしか私の方を向いてとまってくれない。
けれど、あっちを向いていたら幸せな首の鼻モフが出来るし、こっちを向いていたら楽しい勝負が出来る。
・・・だからいーんだもんね、旦那にバカにされたって!ヽ(*`Д´)ノ

体重【25g(朝)】 水浴び【○】
ラベル:文鳥
posted by たぬき at 22:16| Comment(3) | TrackBack(0) | ぷーち1歳〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月04日

文様ラブラブアンケート<アンケ>

先月21日〜30日、『文様ラブラブアンケート』と題しまして、アンケートを行いました。

旦那に「文鳥飼ってる人で、オマエみたいに文鳥に相手にされてない人ってそんなにいるモンなん?」と小馬鹿にされましたorz
今まで頂いたコメントから察するに、そんな人は少数派だと思います。
でも実際のところ、皆さんは飼い文に一番愛されていますか?
(多頭飼いの方は、その内1羽からでも愛されたら「いる」と回答願います)

その結果は、58人もの方からご投票頂きまして、下記の通りになりました。
投票して下さいました皆様、ありがとうございました!(≧∇≦)

文様ラブラブアンケート結果図

一番愛されてまっす♪(≧∇≦) :31票、53.4%
一番ではないです。゚(゚´Д`゚)゜。:24票、41.4%
分かりませ〜ん┐(´ー`)┌ :3票、5.2%

こういう結果が出て一番に思ったことは、「意外」の一言。
設問の中にもあるように、私は「文サンに愛されないのは少数派」だと思っていました。
でもこの結果からすると、飼い主さんが文サンに愛される確率はおよそ半々のようです。
ということは、飼い主さんが愛情を込めて文サンの世話をしても、文サンのパートナー選びにその点は全く考慮されていないってことらしいですorz
つまり・・・飼い主が努力してもダメ、選ぶ権利は文サンにしかない、ということですな(;´Д`)
そう思うと、何だか改めて脱力してしまいます。
でも、こんなに文サンにフラれた同士がいらっしゃると思うと、私だけじゃないんだと勇気づけられましたよっ!(T∇T)

.。oO(ふっ・・・パートナーを選ぶ権利はワタシ達が握ってるのヨw)それからわずかですが、「分からない」に3票入っていました。
決まったペアを選ぶのが習性で、そして好きな人にはあからさまな文サンのことだから、これには投票されないだろうと予想していました。
でも、いただいたコメントから察するに、どうやら白黒ハッキリさせないクールな文サンも中にはいるようですね。
ということはつまり・・・飼い主が気合いを入れてもムダ、文サンの性格次第、ということもあるんですな(;;´Д`)

結論。文サンが誰を愛するのか、それは全て文サン次第
幸運にも文サンに愛されているそこの方っ!
およそ1/2の確率でフラれる運命だったんだから、文サンに選んでくれてありがとうと感謝を込めて、一層可愛がるんだぞぉ!(≧0≦)
悲しくも私と同様、文さんにフラれた方は、私と共に文サンの親友になれるよう、一緒に努力しましょうね!
そして、もしまた新たな文サンをお迎えするときには、文サンに愛される確率を少しでも上げるためのささやかな努力をしてみませんか?

〜私が考えた文サンに愛されるための四箇条〜
 一つ、さし餌をしていた店員(里親)の性別が自分と同じ所をからお迎えすべし!
 一つ、文サンに嫌われるようなことは一切しない!
 一つ、自分が選ばれるまでライバル(家族、他の文鳥)から守るべし!
 一つ、文サンが自分を愛してくれるよう、ひたすら祈るべし!

この四箇条の第一条は、そういう説があるのですが・・・それが本当かどうか、いつかまたアンケートをして確かめてみたいと思います!
・・・って、ぷーちをお迎えする前にこれが分かっていたら、ぷーちは私とラブラブだったかもしれないのに・・・っ(つД`)

.。oO(でもパートナーじゃなくても、愛してくれるのなら、親愛の情ぐらいは示してあげるわよ♪)でも今回のアンケートをして、良かったです。
フラれたのは自分だけじゃない、結構多いんだということが分かったので、これからぷーちに愛されている旦那に対して卑屈にならなくて済みそうです(;´∀`)
文サンの♀は恋敵とも仲良くなれるタイプが多いそうなので、これからもぷーちと仲良くなる努力を続けていこうと思います♪
アンケートにご協力下さいました皆様、ありがとうございました、次回のアンケートの時もよろしくです!(⌒▽⌒)ノ

<コメントへの返信>
ラベル:文鳥
posted by たぬき at 10:03| Comment(8) | TrackBack(0) | アンケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ぷーちは家族<日記>

.。oO(ねーねーコレなぁに?) ←ワニのぬいぐるみの上に初めて乗ったぷーちさん昨夜、旦那が23時半頃に帰ってきた。
私にただいまと言った後、布を被せられているケージに向かって、
ただいま、ぴょっ
とつぶやくと、今まで静かだったケージの中から、「ぴょっ」と速攻返事が
・・・熟睡中だと思ったのに、相変わらず24時間態勢で旦那のストーキングしてるのね・・・(; ̄□ ̄)

アンタらには付き合いきれんわと、私は洗面所に歯を磨きに行った。
すると、リビングの方からぷーちの甘えた鳴き声が聞こえてきた。
「きょっ、きょっ・・・ぴぽ、ぴょっ・・・きょきょきょっ・・・ぴっ!」
・・・ん?ヤケにぷーちが鳴いている・・・旦那がケージの布をめくってぷーちに話しかけてるのかな?
そう思ってリビングに見に行くと、旦那が床にうずくまっていた
・・・ど、どうしたん?(;・ω・ )
そう旦那に話しかけると、うつむいたままの旦那が「ぴょっ」と鳴いた――んじゃなくて、旦那の両手に包まれて口元に寄せられていたぷーちが鳴いたのだった。
・・・ちょっと待てコラ、もう0時なのに何でぷーちを出してるんじゃー!ヽ(#`Д´)ノ

.。oO(・・・じーっ・・・)通りでぷーちが嬉し恥ずかしそうな声ではしゃいでいるハズだ。
こんな風に、どんなに遅く帰ってきても、旦那はぷーちへの挨拶を欠かさなくなったので、益々ぷーちと旦那との絆は強固なモノになっている感じがする。
それに最近は、朝の放鳥時に「ぷーちを見ていて」と頼んでも、旦那が「オマエの鳥を何で俺が・・・」と文句を言わなくなった
それどころか、私が頼んでもないのに、ぷーちを放鳥して一緒に遊んでいたりする。
・・・もう”私のぷーち”じゃなくて、”私と旦那のぷーち”になったんだなぁ( ´∀`)

.。oO(とおっ!) ぷーちを飼い始めた当初、ぷーちは100%私の領域で、旦那はノータッチ・無関心だった。
それがどうしたことか、ぷーちが旦那を愛してしまって、毎日毎日旦那をストーキングして、押して押して押しまくって・・・そしてとうとう旦那に振り向かせてしまったようだ。
ぷーちの愛って、本当に凄い。
けれど、ぷーちと旦那が仲良くなって、私がハブにされるのは、正直嬉しくはない。
でも、愛している旦那に可愛がられてるのだから、きっとぷーちは幸せに長生きしてくれるだろう(* ´∀`)
・・・やっぱり時々嫉妬はしちゃうだろうけれど、これからは大きな家族愛でぷーちと旦那を見守っていくかぁ( ´ー`) ←果たしてこの心境がいつまで続くのやら(汗)

体重【25g(朝)】 水浴び【○】
ラベル:文鳥
posted by たぬき at 21:35| Comment(2) | TrackBack(0) | ぷーち1歳〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月05日

発情判別法<日記>

.。oO(乙女の体重を毎日公表しているなんて信じられないっ)お昼の放鳥時、ぷーちが尻尾を高速プルプルさせた。
それは言わずと知れた発情サインなのだけれど、ぷーちが発情していることは、実は朝から分かっていた
何故それが分かったのかというと、ぷーちが毎朝の日課である体重測定をフケたから
・・・体重計の上にある大好物のカナリーシードを蹴ってまで、一刻も早く旦那に飛びつこうとする日は、発情してるって決まってるんだよね〜(;´Д`)

.。oO(旦那サンのSP隊員1号のぴょぴょです!) ←旦那のお腹の上に居座って、私を近づけないことが仕事らしいorz ブログの最後にあるように、ぷーちの体重は毎朝量っている。
それは、ぷーちの体調の変化や産卵の気配をいち早く察知するため
何しろ自分が熱を出していることにも気付かないニブイ私のこと、ぷーちの体調の変化なんてうっかりしなくても普通に気付かなそうで怖いから、指標の一つとして体重を量っているのだ。
毎朝体重を量るのは、ぷーちがウチに来て以来の習慣になっているから、量る私も量られるぷーちも、これを苦には思っていない。
・・・まぁぷーちにしてみたら、毎朝決まった場所でおやつが貰えるとしか思ってないんだろうけど(;´∀`)

文サンは本に書いてあったとおり賢い鳥で、この体重測定のように毎日同じことを繰り返していれば、「そういうものなのだ」と理解してくれるようだ。
ぷーちも朝ケージから出たら、まずは体重測定(カナリーシードのおやつタイム)だと分かっているから、私がスケールの上に連れて行くまでじっとしていて、スケールの上に来たらピョンと自分から飛び降りる
・・・でも発情しているときだけは別で、もうワクワクドキドキうずうずムラムラでキャピキャピしているから、そういうルールも吹っ飛んで、旦那の所へ飛んで行ってしまうんだよなorz

.。oO(今日はムラムラしてたけど、たぬきママといると、まったりしちゃうんだよな〜)ちなみに、発情中と日記にある日もちゃんと体重も書かれているのは、旦那に引っ付くのに夢中のぷーちの目の前に体重計を持っていって、旦那にぷーちを誘導して貰って量っているから。
まぁたまの発情日に、そこまでして体重を量らなくてもいいような気もするのだけれど、発情→産卵の流れが怖いので、やっぱり量らずにはいられなかったり。
・・・それにしてもぷーちさん、文鳥って夏には繁殖しないものらしいのに、何でムラムラしてるの?(; ̄□ ̄)

体重【25g(朝)】 水浴び【○】
ラベル:文鳥
posted by たぬき at 22:25| Comment(4) | TrackBack(0) | ぷーち1歳〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月06日

発情は嬉し♪<日記>

.。oO(なんだかね、ドキドキしちゃって目がうるんじゃうの)昨日ほどではないけれど、今日もぷーちはムラムラしているらしい。
1歳5ヵ月のぷーちは、今まで卵を産んだことがないから、どうやら卵を産みやすい体質ではないようだけれど、油断は出来ない。
・・・もしかしたら、一度産み始めたら止まらないタイプかもしれないしナァ(; ̄□ ̄)
そういうワケで、ぷーちが発情するというのは困った事態だ。
でも、私的に少し嬉しいこともあるんだよな♪

.。oO(ねぇねぇ、一緒に巣籠もりしない?) ぷーちが発情して私が嬉しいこと。
それは、そのときだけだけれど、ぷーちに熱愛されている旦那気分になれること
旦那はリビングに現れただけで、
「ぴょぴょぴょぴょぴょっ!(きゃあああ、旦那サン、旦那サンよぉ!)」
と、ぷーちに黄色い声で歓迎され、逆にリビングから出て行こうとすると、
「ぴっ!?ぴょっ、ぴょぴょぴょっ!(えっ!?旦那サン、行かないでぇぇ〜!)」
と、ぷーちに激しく哀願される。
でも、私がリビングに現れようが出て行こうが、ぷーちはすました顔で無関心orz
・・・だけど、発情中でテンションが高いときだけ、私の一挙手一投足に旦那と同じような反応を示してくれるんだよね。・゚・(ノ∀`)・゚・。
更に、いつもはしてくれない”後追い”も、発情中は私に対してもしてくれたり♪

.。oO(暑いんだけどね、無性に甘えたいの・・・) もちろん、いくら発情中でも旦那がいたら、旦那がぴょぴょられて私は相手にされない。
旦那が留守の時だけなのだけれど、テンションと共に甘え度もupしているから、もぉ幸せだったりする。
・・・発情中のぷーちって、可愛らしさも何割か増しているよな(〃▽〃)
だから、発情は本当に困った事態なんだけれども、困ったと言いつつも顔がにやけてしまうのだw
・・・あまりの可愛らしさに、こっちまでムラムラしちゃうよ〜(*´Д`*)=3 ←そしてぷーちを触りまくるヤツw

体重【26g(朝)】 水浴び【○】
ラベル:文鳥
posted by たぬき at 21:55| Comment(2) | TrackBack(0) | ぷーち1歳〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
位置情報月間ベストオブプロフ

2007年8月 かわいい2007年8月
総投票数:47
獲得票数:11
エントリー数:13
2007年9月 かわいい2007年9月
総投票数:43
獲得票数:10
エントリー数:15
2007年10月 かわいい2007年10月
総投票数:38
獲得数:11
エントリー数:10
2007年11月 かわいい2007年11月(同票1位)
総投票数:40
獲得数:12
エントリー数:12
2007年11月 かわいい2007年11月(同票1位)
総投票数:40
獲得数:12
エントリー数:12
2007年12月 かわいい2007年12月
総投票数:41
獲得数:13
エントリー数:11
2008年1月 かわいい2008年1月
総投票数:42
獲得数:10
エントリー数:10
2008年2月 かわいい2008年2月
総投票数:38
獲得数:21
エントリー数:6
2008年3月 かわいい2008年3月
総投票数:32
獲得数:8
エントリー数:7
2008年4月 かわいい2008年4月
総投票数:34
獲得数:7
エントリー数:8
2008年5月 かわいい2008年5月
総投票数:27
獲得数:12
エントリー数:8
2008年6月 かわいい2008年6月
総投票数:36
獲得数:9
エントリー数:7
2008年7月 かわいい2008年7月
総投票数:25
獲得数:5
エントリー数:9
2008年7月 かわいい2008年7月
総投票数:25
獲得数:5
エントリー数:9
2010年3月 かわいい2010年3月
総投票数:40
獲得数:20
エントリー数:4
2010年4月 かわいい2010年4月
総投票数:29
獲得数:12
エントリー数:7
2010年5月 かわいい2010年5月
総投票数:24
獲得数:14
エントリー数:6
2010年6月 かわいい2010年6月
総投票数:28
獲得数:9
エントリー数:7

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。